せどりのこと

2018年の目標にしたいこと

今週のお題「2018年の抱負」

f:id:No131warehouse:20180110113405j:plain

「やりたいことや、挑戦したいことがある」

10日前に新年という節目を迎えて、たくさんのそんな声を耳にしました。

もし、そんな素敵な気持ちを持っているとして、それを始める障害ってなんですかね。

1月最初のAmazonからの入金が2週間遅れになった僕が思うのは

新しい挑戦を遮るものって「お金」か「時間」かなと思うんですよ。

遮るもの、というか言い訳しやすいんですよね。

「今はお金がなくて、、」とか

「今は時間がなくて、、、」とか

そんな言い訳をするのは簡単じゃないですか。

だから、そういう言い訳をしないように、去年1年間は意識してきました。

言い訳しないだけで(ホントはそれだけじゃないけど)ちゃんと収益を増やすことができましたよ。

時間とお金のバランスは難しいです。

「時間をお金で買おう」みたいな効率化論をよく耳にすると思いますし、実際、そこをかなり意識してきました。

でも、今はちょっと違うことを考えていて、

「のんびりします」

じゃないや

「じっくりやります」

を実践したいと思ってます。

せどりをしていると、いろんな言葉を耳にします。

聞こえてくるいろんな声の中で、僕が聞かないようにしていた言葉のひとつが

「いつまでそんな非効率なことをしてるの」という言葉。

時間短縮・効率化・ムダの排除、、、

仕入れ時間は短く、発送は外注化して、卸やメーカー取引で無駄を省こう!

多くの方がそんな話をしてますし、稼ぐためには必要なことで間違いないです。

ただ、、、疲れるんですよね。そういう強い圧を受けるのは。

「ケツを叩かれたくない」って思っちゃう。

こんな風に、自分が「効率主義」から逃げているのは、面倒だからかな?って思ってたんですけど、ちょっと違うことに気が付きました。

せどりの活動時間を「嫌なもの、削減すべきもの」と捉えてるのがイヤなんです。

僕はせどりを楽しんでます。

楽しい時間なので、削りたくない。むしろどんどん時間を使いたい。

だから、やりたくないことを無理にやっているかのような「効率化」という言葉に反発してしまう。

そこにあったんです。自分が感じていた違和感は。

ブログを開設した当初掲げていたスローガンが

「のんびり せどりを 楽しむ時間」

です。

せどりで稼ぐ方法や情報なんてのは、有料無料・優良不良を問わずネットに溢れてます。

だから僕は「楽しみ方」と「楽しむ姿」を提供していきたいなと思うわけです。

ということで、2018年の目標は、原点回帰で

「どれだけせどりを楽しめるか!」

こんな感じで行きたいと思います。

それでは!

********************
中古せどりは習うより慣れろ!ってことで仕入れ実例も紹介

(※メルマガ限定情報です)

仕入値: 3,240円
売  値: 8,800円
利  益: 4,275円

スチームなどの水を扱う商品は状態の確認をしっかりしておきましょう。
汚れやすいモノですので。

状態さえ写真や商品説明でしっかり伝えられれば
USEDでも問題なく売れていきます。

お肌が乾燥する冬場が売り時ですね

********************

セドリズム-「せどり」を楽しむメルマガ(無料メールマガジン)

登録で「家具せどり入門」レポートプレゼント♪

ーーーーーーーーーーーーーーー

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ